太平洋プレコン工業株式会社_ロゴ

人にやさしく美しい街景観の創造に貢献しています

UFCブロック

静かな耐震補強工事

概要

UFCブロック耐震壁は、接合部に鋼管定着工法を用い、UFC接合ブロック、UFCブロック、UFCピンおよびグラウト材で構成される耐震壁です。
従来工法では、広い施工面積が必要でしたが、UFCブロック耐震壁は、人が持てる小さい部材で構成しているので、省スペースでの施行が可能です。

性能

従来工法(鉄筋コンクリート造耐震壁)と同等の耐力が得られ、工場製品であるため、品質にバラツキのない信頼性が高い補強を実現します。
UFCブロック耐震壁は(財)日本建築総合試験所より、2010年10月に、建築技術性能証明(GBRC03-04号改5)を取得しています。

施工方法

UFCブロック耐震壁は鋼管コッター工事、UFCブロック組積工事、グラウト工事の順で工事を行います。使用する部材は手で持てる大きさであるので、省スペースで施工ができ、従来工法に比べて、工期を短縮し、低振動・低騒音で施工が行えます。

車道用保水性

平成19 年9月、(社)インターロッキングブロック舗装技術協会では、ブロック機能にかかわらず車道には5MPa以上の曲げ強度が必要という規格としました。当社はいちはやくこの規格にあった製品を開発し実績をつくりました。

「UFC ブロック耐震壁」の特長

①大学等を始めとする学校施設や、幼稚園・保育園施設などの教育施設などに適しています。(通常業務をそのまま行う事ができます。)
②静かに、省スペースで、短工期で、耐震補強工事が可能。
③エントランスホールなど美観を損なうことなく耐震補強工事が可能。
④意匠性、通風、採光に優れているため従来の耐震壁のイメージを一新。
⑤空間を遮らないので閉塞感を与えません。空調機を増設する必要もありません。音や声も遮りません。

 

TECHNICAL DATA  テクニカルデータ

超高強度繊維補強コンクリート製品(ダクタル)を使用した耐震補強ブロック UFCブロックのテクニカルデータ

> ページの先頭へ戻る